写真パネルとは?写真パネルの魅力は?自作する方法と作成を依頼する方法を詳しく解説

写真パネルとは?写真パネルの魅力は?自作する方法と作成を依頼する方法を詳しく解説

写真パネル

写真パネルを作ってインテリアをアップグレード。写真パネルにはフレームが無いので、額縁とは違ったモダンでオシャレな印象を受けることがあります。 また、展示用の写真パネルにはアルミのフレームを組むことができます。(ドライマウント)

このページでは「写真パネルとはなんだ?」から始め、その大いなる魅力を説明し、写真パネルを自作するDIY解説と、失敗しない写真パネルの発注・注文方法までを書いています。

写真パネル
写真パネル

写真パネルページの目次

  1. 写真パネルの良さ、特徴とは?
  2. 写真パネルが使われるシーンにはどんなところがある?
  3. フォトカラージとは?
  4. 写真の解像度と印刷サイズを分析するツール
  5. 失敗しない写真パネルの発注・注文方法
  6. 手作り写真パネル、自作で写真パネルを制作する方法!
  7. スチレンボードのみの販売(自作用)

 

ファイルから解像度と印刷サイズを分析するツール

この写真はどのくらいの大きさで印刷できますか? このファイルの解像度はいくつになっていますか? この写真はいつ撮影したものだったか? などをお調べして表示します。※人の利用を前提に公開しているのでプログラムからのアクセスはご遠慮ください。

調べる写真ファイルを選択 (JPEG / PNG)

※TIFFも情報は解析しますが、できればJPGに変換して送信してください。

tax

 

 

写真パネルの良さ、特徴とは?

ネット通販で流行っている「写真パネル」とは、写真をスチレンボードに圧着したボード状(板状)の写真のことです。製品によっては、木製の枠に貼り付けるもの、アクリル板に貼り付けるもの、ボードに直接印刷するものなどがあります。ここでは、軽くて手軽にインテリアとして飾ることができて、しかも激安に作成できるスチレン製のボードに貼り付けるタイプに限って記述しています。

写真パネルの特徴と魅力

写真パネルには、下記に挙げる特徴と魅力が備わっています。

  • 他の素材より圧倒的に軽い
  • フチなしでオシャレな印象を与える
  • 立体感があり、ポスター印刷しただけの掲示物と比べると高級に見える
  • アルミフレーム加工ができる
  • ラミネート加工ができる(ドライマウント)
  • 落下してもケガをしない(フチなしの場合)
  • 額縁フレームの価格と比べると激安にてオシャレなインテリアができる
  • プレゼントにも喜ばれる
  • 両面テープで簡単に壁に貼ることができる
写真パネル
写真パネルが出来上がったところ

写真パネルページ内 目次

 

写真パネルが使われるシーンは?

写真パネルの魅力をお伝えするために、先ずは撮影した写真の一般的な運命について想像したいと思います。最近はスマホに高性能カメラが搭載されているので、気軽に、簡単に写真や動画を撮影することができるようになりました。

実際に最近ではスマホの中に「アルバム」という仮想空間を設け、撮影した写真を「アルバム」単位で区分けし、見る時の幸福感を増やそうとするアプリが流行っています。便利になりましたが、このことで写真をプリントアウトする機会は減ってしまったように思います。

せっかく撮影してスマホに保存した写真ですが、スマホの買い替え、故障、保存領域を確保するためのに削除したなどで、無くなってしまうことがしばしばあるようです。

こういった万が一の事態に備え、気に入った写真はぜひ印刷して保存したいところです。

さて、写真をプリントしたとしても、アルバムにも入れないで、フレームにも入れないで重ねてしまってあったりしませんか? 束にしてしまっておくと、どうしてもほどいてみる機会が少なく、写真の存在を感じることはありません。 しかし、ひとたびアルバムに入れると、見ることが簡単なので、ページを開くチャンスが増えます。その結果、撮影時の記憶が呼び起こされ、楽しみや思い出が膨らみ、蘇ります。 写真をアルバムに入れることで、写真を見るときのワクワク度が上がるし、写真の存在意義が増すように思えます。

写真パネルはさらにその上をいく効果があるんです!

開いてみると楽しいアルバムでも、実は開く機会はそれほど頻繁ではないのが現実ではないでしょうか?

写真パネルは、これらすべての問題を解決してくれる幸せを運ぶアイテムです。

自宅、オフィスのデスクや壁など、どこでも良いのですが、写真をパネルにして飾ることで幸せの瞬間を思い出すチャンスが増え、幸福を感じ、人生が豊かになります。 そして、「アルバム見てみる?」とアルバムを開いてみる機会も増えます。 さらにその先には、「また行こうか!」 とか、「あのときは楽しかったね!」と家族や友人との話題も増え、会話が弾むこと間違いなしです。

まとめ

  • Good 写真を撮影する
  • Better アルバムに整理して見やすくする
  • Best 写真パネルで自然に目にする

リビングのフォトパネル
ペットも家族の一員

写真パネルページ内 目次

フォトパネル(写真パネル)はなぜ幸せを運ぶのか?写真パネルはこんなに楽しい!

アルバムの中でも気に入った写真1枚を選んで、写真パネルにして飾ると、幸福が溢れ出します。 ふとした瞬間に写真パネルに目が留まり、思わずニッコリしてしまうことがあるからです。 身の回りのいろいろなところに写真パネルを貼ると、写真パネルが目に入ると自然に微笑んでいる自分があることに気づき、幸福感をもたら効果があります。 人生で感じた幸せを思い出す回数が増えるのです! まずはアルバムの中から、お気に入りの1枚を選び出し、写真パネルを作ってみましょう!

写真パネルの魅力が少しでもお伝えできたのなら、次はあなたの身の回りのどこに飾るか?という課題について考えてみます。

プレゼントに写真パネル
実家の両親へのプレゼント

どこに飾ろうか? 飾る場所が思いつかない?

写真パネルに興味があっても、どこに飾るの?という疑問を抱いている方もいらっしゃるのではないでしょうか?スペースのある壁を飾りたいと思っている場合や、いい写真があるから写真パネルにしておきたい場合もあると想像します。下記に写真パネルを飾る場所の例についてご紹介します。

その他、写真パネルを飾る、掲示場所の候補をリストアップします。

  • 冷蔵庫
  • リビングの壁
  • ダイニングの壁
  • 玄関の壁
  • 廊下
  • 寝室の壁
  • 化粧室の壁
  • デスクの上に立てる

写真パネルページ内 目次

飾り方・飾る方法

飾る場所が決まったら、どの程度の大きさの写真パネルを飾ることができるかを確認しましょう。そして、どうやって飾るかを決めます。飾り方の一般的な方法は下記の5通りです。もっと別の飾り方をご存じの方は、ぜひ教えてください。

  • 自立式で立てる
  • スタンドに立てる
  • 壁に掛け式
  • 壁に貼る
  • 磁石式

 

写真パネルにしたい写真は決まっていますか?

飾る場所と飾り方が決まったら、どの写真をパネル加工するか?を考えてみましょう。家族や友人の集まりで撮った写真、風景写真、観光地で撮影した写真、過去に引き伸ばした写真、どこにも飾られていない記念写真、掲示板に画びょう留めしている写真、冷蔵庫に磁石で貼ってある写真などはいかがでしょう? お気に入りの1枚を求めて、アルバムを開いてみるのも楽しいですね。 写真パネルをご自身で作る場合、パネルに貼り付ける作業には「慣れ」が必要なので、最初は失敗しても大丈夫な写真を使って練習することをお勧めします。

大きさの選び方、写真パネルの大きさは?

写真パネルの大きさを選ぶ際のポイントは、目の位置と掲示場所の距離写真の内容 を総合的に考慮した上で大きさを決定することです。

写真パネルの大きさ選び方
写真パネルの大きさ選び方

例えば、上の画像内の「砂漠にエンジ色の車」は、座っている目の位置からは近いところに掲示されている割に、サイズが大きすぎるかもしれません。

通常のプリントサイズ(L版 8.9 cm × 12.7 cm)で出力された写真は机の上に立てる、冷蔵庫に飾ることに適したサイズといえます。 通常のプリントサイズは目の位置と飾る位置までの距離が90cm程度が限界です。 写真パネルのサイズは、写真の内容が目のある距離からしっかりと視認できるサイズが望ましいです。 逆の言い方をすると、通常のプリントサイズになっている卒業式の集合写真をパネルにして机の上に置いても、90cmの距離からでは一人一人の顔が小さすぎて認識できません。 認識できないと、その記憶・メモリーを呼び起こそうとするチャンスが発生しにくいので、面白しろさを十分に味わえません。この場合は拡大して顔が認識できるサイズで写真パネルを作るべきです。

もう一つ、逆の例をあげると、廊下に大きく引き伸ばした風景写真を飾っても、目から掲示位置までの距離が近すぎて、パネル全体を一目で把握することができないかもしれません。

目の位置とパネルの距離、視認性に気を配りながら、適切な大きさを選択してください。

飾る場所の候補が複数個所あるのなら、とにかく気に入った写真をパネルにしてみて、後から貼る場所を探しても良いかもしれません。

次の段落では、手作りに挑戦してみるか、それとも、ネットでポップへの発注を検討するかによって、読み分けてください。
手作りで写真パネルを作る方法の解説 - 手作り写真パネル、自作で写真パネルを制作する方法!
ネットでポップに発注をお考えの場合 - 失敗しない写真パネルの発注・注文方法

写真パネルページ内 目次

フォトカラージとは?

これまでこのページでは、お気に入りの写真を1枚選んで写真パネルを作成することを前提にお話ししてきましたが、写真パネルは、実は複数枚の写真からでも作成することができます。それが、「写真カラージフォトカラージ」です。下記のように一枚のパネルにいくつもの写真を並べて飾る方法です。 百聞は一見に如かず。まずは下記の画像をご覧ください。

フォトカラージ
フォトカラージ

上記のイメージの上段は、フォトカラージに複数枚の写真をはめ込んでいって、成長の過程を振り返ることができる1枚の写真パネルを作成したところです。
フォトカラージのデザインを選んでPCに取り込み、タイトルを入れて、写真をはめ込んでいる様子です。

フォトカラージは、掲示する場所が少なくても沢山の良い写真をまとめることができる点や、デザインに自由度が増えて、アイデア次第では贈り物に喜ばれる点が魅力です。

これまでネットでポップにいただいたご注文を思い起こすと、フォトカラージは下記のようなシーンで利用されることが多いようです。

  • 卒業していく学生さんから、恩師へのプレゼントに学生一人一人のカラージ
  • 成人式にあたり、子供から親、あるいは親から子へのプレゼントに成長過程のカラージ
  • サークル、クラブの年度ごとの記念に年間に行った行事のカラージ
  • 転勤する上司へのプレゼントに、支店での思い出の写真カラージ
  • 祖父母へのプレゼントに孫の写真のカラージ

いかがでしょうか?フォトカラージはアイデア次第で素敵なプレゼントになることがご想像いただけたと思います。

写真パネルページ内 目次

写真パネルを発注・注文する方法

このページでご紹介しているサービスは、ネットで写真をプリントして、パネル加工するネット通販で、ネットでポップの主なサービスの一つです。熟練職人と専門の器具、機械を利用して見事な写真パネルに仕上がってきます。 写真やポスターをパネル加工すると、完成物に厚みが加わり、高級感を演出することができます。

写真パネル
写真パネルをスタンドに飾る

写真パネル発注章内の目次

 

写真パネル製作・作成サービスとはどんなサービスか?

オリジナル写真パネル

ご自身がスマホやデジカメで撮影した写真や原稿を、弊社で印刷して、激安価格にて写真パネルにしてお届けする通販です。ご注文は1枚からお受け致しております。
具体的には各サイズのオリジナル ポスター、写真、ポップを、写真品質で印刷し、スチレンボードパネルに圧着して制作します。

※写真パネルを作成するパネル加工は、弊社にて出力したポスター・写真に限らせていただいております。これは、もし万が一加工に失敗することでもあったら、写真を台無しにしてしまうからです。

写真パネルの商品イメージ横
写真パネルの商品を横から撮影

このページでは、手作りで写真パネルに加工する方法も紹介していますが、下記のような利用目的の場合は、自作ではなくネットでポップにご注文いただけると嬉しいです。
・自分の作品を展示する個展用の写真パネル
・プレゼンテーション用の写真パネル
・学会の発表資料
・友人・知人の結婚式・誕生日・式典の看板/サイン

写真パネルの種類
写真パネルの種類

次に、「失敗しない、写真パネルの注文方法」を書いていきます。

写真パネル章内の目次

納期・仕上がり

最初に、「早いサービス」という特徴を見逃さないでください。翌日発送を基本としています。条件が整えば翌日納品も可能です。

今すぐご注文いただき、データを送っていただければ、今すぐのご注文で、最短 2021-02-27(土) に発送します。

写真パネル製品の仕様(種類)にはどんなものがあるのか?

写真パネルの種類の前に、一番大切な印刷クオリティーについて先にご説明します。写真パネルは当たり前ですが「写真を印刷する」ので、最高解像度2400x1200dpiのグラフィックス最高峰機で印刷します。そして、高解像度の性能を引きたてるため、用紙は写真プリント専用のフォト光沢紙を使い、インクは超微粒子が特徴の8色の専用染料インクにて写真画質の発色を実現します。同業者との違いは、完成する商品のクオリティーにあります。かつては写真屋で引き伸ばしプリントをしたことがある方へご説明するなら、ネットでポップの写真印刷は、デジタル技術の進歩により、写真プリントと同等またはそれ以上の仕上がり品質が期待できます。

 

アルミフレーム(ドライマウント)オプション

フレームなしの写真パネルと、アルミフレームにマウントしたドライマントの2タイプから選んでいただけますが、アルミフレームの場合には下記のパーツを利用してフレームを作成します。

パネル(ボード)の厚み選択(2種類)

パネルの厚さは5mmと7mmの2種類です。見た目にさほど変わりありません。ボードの素材の限界から時間の経過とともに、多少の反りが発生することがあります。厚みのある7㎜の方が若干ですが反り返る確率を減らすことができます。

ラミネート加工オプション

ラミネート加工には2種類あり、”ツヤあり” または “ツヤなし “を選択していただきます。料金は同じです。下の写真は、印刷したポスターに半分ずつツヤあり(グロスラミネート)とツヤなし(マットラミネート)を施したところです。写真を撮り、違いを示そうとしたものですが、違いが判りますでしょうか? 掲示場所がライトのそばである場合は、乱反射を防ぐツヤなしラミネートがおすすめです。一方でツヤありラミネートは色をより鮮やかに見せることができます。

カートに入れる直前の、商品詳細ページにて、ラミネートの有り無しと、ツヤあり、なしをオプションとして選択できます。

ラミネートの種類
ラミネートの種類

写真パネル章内の目次

1996年以来、なぜネットでポップが選ばれているのか?

経験25年 以上を有する「この仕事を心から愛するベテランのオペレーターと加工職人」が制作します。

  • 素早い納品、翌日発送
  • 複数枚で割引になる特典
  • 写真品質・高解像度プリント
  • ラミネート加工のオプション
  • サイズが選べる
  • サイズは、6切~B0判まで
  • 美しい仕上がりで長持ち
  • フレーム加工は2タイプ
  • 展示用に最適
  • 壁掛けに最適
黒い壁に写真パネル
写真パネル

写真パネル章内の目次

写真パネル印刷(フォトパネル)の料金表

写真パネルを4種類の”写真パネル”に分けて料金を記載しました。 料金表には1枚(1部)あたりの単価(税抜)を表記しました。 また、「複数枚割引」特典があり、全く同じものを2部以上ご注文いただく場合、2枚目が約30%オフになる特典があります。 ラミネート加工などのオプションは詳細ページで指定できます。
※パネル5mm厚、パネル7mm厚はフレームなしの仕様のこと。 ※ドライマウントはアルミフレーム加工を施した仕様のこと。

ご注文は、表中の価格をクリックして開始してください。

表中の価格をクリックすると、該当商品の詳細ページが表示され、カートに追加できます。

パネル印刷/写真パネル
ポスターサイズ mmパネル5mm厚パネル7mm厚ドライマウント5mmドライマウント7mm
6切 203×254 1,760円(税込1,936円) 1,880円(税込2,068円) 2,500円(税込2,750円) 2,620円(税込2,882円)
W6切 203x305 1,760円(税込1,936円) 1,880円(税込2,068円) 2,500円(税込2,750円) 2,620円(税込2,882円)
A4 210x290 1,760円(税込1,936円) 1,880円(税込2,068円) 2,500円(税込2,750円) 2,620円(税込2,882円)
4切 254x305 2,150円(税込2,365円) 2,280円(税込2,508円) 2,980円(税込3,278円) 3,110円(税込3,421円)
B4 257x364 2,150円(税込2,365円) 2,280円(税込2,508円) 2,980円(税込3,278円) 3,110円(税込3,421円)
W4切 254x365 2,380円(税込2,618円) 2,540円(税込2,794円) 3,120円(税込3,432円) 3,280円(税込3,608円)
A3 297x420 2,380円(税込2,618円) 2,540円(税込2,794円) 3,120円(税込3,432円) 3,280円(税込3,608円)
A3ノビ 329x483 3,240円(税込3,564円) 3,460円(税込3,806円) 4,070円(税込4,477円) 4,290円(税込4,719円)
半切(はんせつ) 356x432 3,240円(税込3,564円) 3,460円(税込3,806円) 4,070円(税込4,477円) 4,290円(税込4,719円)
B3 364x515 3,240円(税込3,564円) 3,460円(税込3,806円) 4,070円(税込4,477円) 4,290円(税込4,719円)
A2 420x594 3,060円(税込3,366円) 3,330円(税込3,663円) 3,930円(税込4,323円) 4,200円(税込4,620円)
全紙(ぜんし) 457x560 4,210円(税込4,631円) 4,630円(税込5,093円) 5,200円(税込5,720円) 5,620円(税込6,182円)
大全紙 508x610 4,210円(税込4,631円) 4,630円(税込5,093円) 5,200円(税込5,720円) 5,620円(税込6,182円)
B2 515x728 4,210円(税込4,631円) 4,630円(税込5,093円) 5,200円(税込5,720円) 5,620円(税込6,182円)
A1 594x841 5,220円(税込5,742円) 5,750円(税込6,325円) 6,260円(税込6,886円) 6,790円(税込7,469円)
全倍 600x900 7,090円(税込7,799円) 7,930円(税込8,723円) 8,300円(税込9,130円) 9,140円(税込10,054円)
B1 728x1030 7,090円(税込7,799円) 7,930円(税込8,723円) 8,300円(税込9,130円) 9,140円(税込10,054円)
A0 841x1189 6,780円(税込7,458円) 7,520円(税込8,272円) 8,140円(税込8,954円) 8,880円(税込9,768円)
B0 1030x1456 11,040円(税込12,144円) 12,570円(税込13,827円) 12,720円(税込13,992円) 14,250円(税込15,675円)

※アルミフレームなしの写真パネルは、定形外のサイズでも制作します。写真の縦横比と、定型サイズには違いがあります。気に入った写真をそのままプリントしたい場合、ツール「写真の解像度と印刷サイズを分析するツール」にて、印刷可能サイズをご確認ください。写真を加工せずにそのままのサイズにて、パネルを作成することができます。

写真パネル章内の目次

送料・梱包代金は全国一律 840円 ※1

配送は基本、ヤマト運輸の「宅急便」を利用します。(全国一律840円で梱包代金と送料が含まれています。)
※1 ヤマト運輸の「宅急便」で送ることができる最大サイズは、梱包(の箱)の3辺の長さの合計が160cmと決められています。 このため、B1サイズ以上の商品をご注文いただくと、宅急便では送れない! ので、送料は別途お見積りとさせていただきます。 その場合、同じヤマト運輸でも「ヤマト便」という方法を利用して発送するか、佐川急便、その他の運送業者、あるいは店頭お渡しを選択していただきます。

プレゼントにいかが

大きいサイズをお考えの場合の注意点・備考

※A0パネルは、宅急便で発送できません。ヤマト便、佐川急便、その他の運送会社に見積もりを取って、実費送料が必要です。または、A0パネルをA1サイズのパネル2枚に分けて作成して配送し、お受取いただきましたら裏面からテープで止めていただく方法なら、宅急便で発送することができます。同様にB0パネルの場合には、B0パネルはB1パネル2枚に分割すれば宅急便で送ることができます。
※B1パネルも宅急便サイズを超えるため、通常はヤマト便での出荷となります。送料はお客様の実費ご負担となります。ヤマト便の料金につきましては、お届け先によりお問い合わせください。

デジタルファイル
デジタルファイル

写真パネル章内の目次

どうやってネットでポップに頼むのか?

写真パネルの制作をご依頼いただける場合は、写真をデジタルファイルとしてご用意ください。
デジタルファイルとは、デジタルカメラやスマホで撮影した写真や、イラストレーターやフォトショップで作成した原稿ファイルです。

デジタルファイルがお手元にあれば、今すぐ上記の料金表内のご希望の仕様を選んでクリックすることでご注文プロセスを開始できます。ご注文が完了すると、デジタルファイルを送信する画面が表示されますので、画面の指示に従って注文を完了してください。

ご注文が完了すると、「ご注文を承りました」という題名の電子メールが届きます。同時に、弊社の担当者がいただいたデジタルデータはご希望サイズにプリント可能であるかをお調べして、結果をご連絡します。
データが問題なく、指定のサイズに印刷・出力できることが確認できた時点で、最終的な納期をお知らせします。B1以上のサイズをご注文の場合では、送料もこの時にお知らせさせていただきます。

お手持ちの写真ファイルが、どの程度のサイズまで印刷できるのか?については、ファイルから解像度と印刷サイズを分析するツールにて、今すぐウェブから調べることができます。

これから原稿をご用意される場合は、下記リンクより各サイズごとに必要なピクセル数をまとめた表をご参考ください。

製品の取り扱い注意事項

  • ※飾る際の吊り金具などは、別途お買い求めください。
  • ※直射日光のあたる場所や湿気の多い場所、屋外に飾ると商品の寿命が著しく短くなります。
  • ※両面テープ等で壁紙や塗装がはがれる場合があります。
  • ※可燃性のある素材のため、火気には近づけないでください。
  • ※やわらかな素材のため落下などの衝撃により、角が潰れる場合があります。

写真パネル章内の目次

色鉛筆
色鉛筆

競合はどこ?お客様の他の選択肢は?

このページ書くにあたり、ネット検索にて写真パネルについて調べてみました。「自作・手作りの方法」を解説しているページで目立った意見は「お店で注文すると高い」という事でした。お店でといわれるのは、ネットでポップでと置き換えて真摯に受け止め、自作する場合の紙代、インク代、材料費と弊社の価格を比較したり、弊社の製造コストを計算をしてみたのですが、弊社の価格ではスタッフの賃金を確保する程度の利益しか乗っておらず、良心的な価格設定になっていることを再確認できました。ネットでポップの目指すプロの仕事ができる程度の料金をいただきたい。というラインになっています。
また、「写真パネル」をキーワードにしてグーグル検索で1位になっているのは、カメラ屋さんのサイトでした。弊社と同様に写真パネルを販売されているようでした。店頭での引き渡しで、納品までに20日程度かかるようでした。その他、楽天市場も覗いてみましたが、どこで頼んだらよいの良くわかりませんでした。 価格品質納期を総合すると、ネットでポップがやっぱりいいなぁと実感! 自信をもって営業していこうと思ったところです。

写真パネル章内の目次

写真パネルページ内 目次

スクエアフォトパネル

上記は、スクエアフォトパネル13という商品です。正方形の写真パネル5枚組でお得です。

インテリア フォトパネルでオシャレに飾るには? 写真パネル

手作り写真パネル、自作で写真パネルを制作する方法

写真パネルの作り方! 自作方法をご紹介。プロの貼り方を教えますので、必見です。

 

フォトパネル自作
フォトパネル自作

用意するもの

1. スチレンパネル・スチレンボード(このあとは単にボードと呼ぶことにします)(お近くの100均、ホームセンターで購入)
(セリア、ダイソーにも小さいサイズのスチレンボードは売っているようです。なければスチレンボードのみの販売(自作用)も行っています。)

2. パネル加工する写真

3. 細いマジック(カットラインのマーキング用)

4. カッター(刃の幅が広いものが望ましい)

5. 定規(できればスチール製が望ましい)

写真パネル自作に用意するもの
写真パネル自作に用意するもの

ボードを大まかな大きさにカット

ボードの上に写真を載せて、各辺とも2cm程度の余白を残し、カットラインを細いマジックでマークします。
定規とカッターでマーキングに合わせてボードをカット
※はさみは使わないでください。まっすぐに切れません。
一度に力を込めて切断しようとせず、何度も同じ角度で同じラインをトレースするイメージでカットします。

パネルの切り出し
パネルの切り出し

シールの裏紙を折り返す

ボードの長いほうの辺を手前にして置きます。
パネルの保護紙を、ハジから5cm程度はがして折ります。(下記写真の「貼り出し部分の準備」左側)

カットしたボードの真ん中に写真を置き、ずれないように気をつけながら、裏紙を剥がした部分に、写真を貼り付けます。(下記写真の「貼り出し部分の準備」右側)

貼り出し部分の準備
貼り出し部分の準備

いよいよ貼り付け

パネルの保護紙(シールの裏紙)を2~3cm程度ずつ剥がしながら空気が残らないように端から、徐々に貼り付けていきます。それほど力を入れずに、空気が入らないことに気を付けてください。
※ボードについているノリはしっかり貼れるように強力なノリがついていますので、一度貼ると破かずには剥がすことができません。

貼り付け
貼り付け

余分なボードをカット

貼り終えたボードの余白部分をカットカットします。
定規とカッターで写真の端に合わせてボードをカットします。
※ボードのみを切ろうとせず、写真の端を0.2mm程度、切り落とすようにカットすると綺麗に仕上がります。
※一度に力を込めて切断しようとせず、何度も同じ角度で同じラインをトレースするイメージでカットします。

余白のカット
余白のカット

まとめ(完成)

完成・飾ってみた
完成・飾ってみた

出来上がった写真パネルは気に入りましたか? 写真とは違って存在感がぐっと増し、オシャレなインテリアになることを感じていただけたと思います。 ご自分で作ったことで、写真パネルの魅力がわかったら、いつか、もっと大きなサイズの写真パネルの作成を印刷から加工まで一括してネットでポップにお任せください!
A4以上の大きなパネルは圧着する必要がでてきます。

ネットでポップの写真パネル製作サービスは・・・サイズが大きい、綺麗に、素早く、店内や展示会用、ビジネス、学会用などに当てはまる場合には便利です。 これらの場合にはぜひとも弊社へお申し付けください。

写真パネルページ内 目次

プライスタグ
プライスタグ

自作工作用、スチレンボード・パネルの販売 価格表

スチレンパネルボード

パネルのみ1枚からのばら売り価格(税抜)

  A3 A2 A1 B3 B2
スチレン製(Styrene) 5mmパネル 424円(税込466円) 726円(税込799円) 1,369円(税込1,506円) 581円(税込639円) 1,084円(税込1,192円)

スチレン (styrene) は、スチロールとほぼ同様の素材で製造された軽くて丈夫な板です。スチレンボードは、インスタフレーム、写真パネルなどに利用されていて、いたるところで利用されています。スーパーの店内にあるPOPや、模型のモデルハウス、簡易な看板を製作する際にもよく使われています。アマゾンなどでも、販売されていますが、セット売りがほとんどで、必要以上に購入させられてしまいます。また近くのホームセンターでは小さいサイズしか見つからないことがほとんどで、なかなか見つけるのが難しい材料です。自作でパネルを作成したいので売ってくれないか?との問い合わせも多く、各サイズ1枚ずつのばら売りをしています。

 

  1. ポスター印刷
  2. 写真パネル
  3. ウェルカムボード
  4. バックボード
  5. インスタフレーム
  6. インスタフレーム・ミニ
  7. 額縁・フレーム(入れ替え簡単)
  8. 展示用パネル
  9. タペストリー
  10. 料金表

ポスター印刷と写真パネル作成の出力センター ネットでポップ

タグ

 

 

最近のブログ投稿

 

人気の商品

  • ウェルカムボードウェルカムボード

    ウェルカムボードは、結婚式の最初の印象となるとても大切なアイテムだからこそ、オリジナルで作成したい。ウェルカムボードやウェディング・ツリーなどのパネル制作のお手伝いができます。お客様のデータから、ウェルカムボード、ウェディングツリーなどを作成できます。 2,380円~。

  • 真四角なパネルスクエアフォトパネル

    1枚の写真を選んで大きな写真パネルを作ることは良くあることですが、5枚の写真を選んで、それぞれを小さなパネルにして飾る発想に切り替えたのが、スクエアフォトパネル13です。完成して飾ると素敵な空間を演出することができます。5枚セット 2,050円~。

  • ウェルカムボード系・インスタフレームインスタグラム風のフレーム

    インスタ映えする写真には欠かせない、オリジナルSNSボードが作れます。インスタフレームのテンプレートからスタートして、無料ダウンロードできるオンラインツールも提供しています。インスタフレームのご注文はは、テンプレートを選んで、文字を指定してくださると、最短3日納品 5,220円~

  • ポスター印刷ポスター印刷

    1枚のポスターだからこそ、高品質に仕上げたい。お客様の原稿からポスターを作成します。ポスターの出力には、オンデマンド印刷に適したHP社製サーマルインクジェット方式のグラフィックス最高峰機種にてベテランのオペレータが出力します。必要な時に、必要なだけ。1枚から。A3サイズ380円~

  • 写真パネル写真パネル

    写真パネルにはフレームが無いので、地震の時に落下しても人を傷つける危険性が少なく大人気のアイテムです。オシャレな写真パネル(パネル加工・パネル制作)で、インテリアをアップグレードしてみませんか?。1,760円~

  • 記者会見の背景バックボード/撮影用背景

    会議室に壁紙として貼り付けるロゴバックドロップ・簡易設置できるパネルタイプのバックボード。記者会見、インタビューや、Youtube動画撮影に必要な撮影背景ロゴパネルは、ロゴをアップロードして発注できます。5,500円~

 

マーケティングツール

  • ライン友達ポスターライン友達ポスター作成

    A4ポスター印刷に対応するライン友達を増やすためのQRコード付きポスターを作成できます。オンラインフォームにURL(友達登録リンク)を入力するだけですぐにダウンロードできます。無料です。

  • スキャンでメニュースキャンでスマホにメニューを提供する「スキャンでメニュー」

    オンラインで5分で完成。飲食店などのメニューをノン・シェアで提供できる無料ツール。

  • キャンペーンカレンダーキャンペーンカレンダー

    販売促進用のカレンダーです。「〇〇の日」、「〇〇の時期」に合わせ、次のキャンペーンをどのようなもにするのがいいか? 皆様のマーケティング活動のヒントになるかもしれません。

  • Uber Eatsで配達できますUber Eats で配達できますポスター無料作成

    A4ポスター印刷に対応する、Uber Eatsの注文画面へ誘導するためのQRコード付きポスターを作成できます。オンラインフォームにURL(お店のメニューへリンク)を入力するだけですぐにダウンロードできます。無料です。

  • QRコード作成無料QRコードの作成

    ポスター印刷に対応する大きなサイズでQRコードを作成できます。オンラインフォームにURL(リンク先)を入力するだけですぐにダウンロードできます。無料です。

 

>

更新日[ 2021-04-30 ]


出力・加工・作成サービス

ポスター印刷

ポスター印刷/大判出力

お客様の原稿からポスターを作成。

バックパネル

バックボード/会見背景

記者会見背景バックパネルをお手ごろ価格で作成できます。

ウェルカムボード

ウェルカムボード

自作デザインのウェルカムボード、サイズ自由、テンプレートあります。

パネル加工

写真パネル/パネル加工

写真パネル制作、パネル印刷などと呼ばれる、パネル加工。

インスタグラムボード

インスタフレーム・枠

お客様のデータから、インスタグラム風の枠を作成できます。

インスタパネル 小さい フレーム

インスパネル小サイズ

携帯または商品撮影に適した、小さいサイズのインスタパネルです。

アルミフレーム/額縁

アルミフレーム/額縁

印刷したポスターにアルミフレームを取り付けます。

タペストリの作成

タペストリ印刷/制作

つり下げることを目的としたディスプレイ。タペストリの作成。

差替え自由アルミ額縁

差替え自由アルミ額縁

中身の印刷物を簡単に差替えることができるアルミフレームパネルです。

イラストレータパス取り代行

イラストレータパス取り

画像ファイルのロゴマークなどを、EPSファイルに変換。

用紙・メディアの種類

用紙・メディアの種類

印刷に利用するメディアの種類と特徴。

ラミネート加工

ラミネート加工(PP加工)

印刷したポスターや写真にラミネート加工。

カッティングシート制作

カッティングシート制作

窓や車などに利用できるカッティングシート作成。