カッティングシート

カッティングシートの

貼り方

◆水貼り

ウィンドウなどに貼る場合、水貼りをすることで、位置決めなどの微調整がしやすくなります。


◆施工手順と注意

1 下地処理
しっかりと貼る為に大切な下地処理を必ずおこなってください。
●ホコリ・ゴミなどを洗い流してください。
●脱脂をおこないます。塗装面・ガラス面など下地にあった方法でおこないます。(塗装面を犯さない物又は中性洗剤で水が弾かなくなるまで洗います。ガラス面はアルコールなどで脱脂できます。火気には十分注意して下さい。)

2 スプレー
貼りつけ面に水をたっぷりとスプレーします。
●霧吹きなどに、台所用洗剤(中性洗剤)を0.3%〜0.5%混ぜた水をつくり、カッティングシートを貼る面を十分濡らします。

3 貼りつけ
リタックシートから、剥がれないように、裏の台紙を剥がします。
●表のシートを剥がすのではなく、裏の台紙(裏の厚紙)を めくるように剥がしてください。

4 位置決め
台紙を剥がしたカッティングシートを貼りつけます。
●2で吹き付けた水のおかげで、貼りたい場所・角度などを微調整できますので、納得のいくように調整してください。

5 水抜き・圧着
貼りつけ面とカッティングシートの間にある、水と空気を押し出して、圧着します。
●位置が決まったら、スキージ(ゴムヘラ)を使ってリタックシートの上から水と空気を押しだし、シートをしっかりと圧着します。特に水は完全に押しだして、周りの水もしっかりとふき取ってください。

6 リタックシートを剥がします。
十分圧着ができましたら、リタックシートを剥がします。
●カッティングシートまで剥がれてしまわないように、ゆっくりとリタックシートを裏返すよう鋭角に剥がしていきます。
●シートが一緒に剥がれたら、リタックシートをすこしもどし、スキージで圧着しなをします。

7 完成
空気や水が残って居ないか確認します。
●残っていたら、スキージで傷をつけないように気をつけながら、押し出します。押し出せない場合は、膨らみをカッターなどで、下地を傷つけないように、小さく切れ込みを入れて、切れ込みから水や空気を押し出して、圧着します。
●シートの接着力が安定(24時間位気温などで違います。)するまでは、水洗いや、乾拭きなども控えてください。(端などがめくれたりします。)

※冬場など、貼りつける対象が冷たい場合、十分な接着力が得られない場合は、ドライヤーなどで、貼りつけ面を暖めてから貼り、しっかりと圧着してください。
※夏場など、気温が高い場合は、朝夕の気温の低い時や、室内で作業をおこなってください。
※ カッターなどを使うときは、けがに十分注意して、作業してください。
脱脂にアルコール等を使う場合は、火気と換気に十分注意して、作業してください。


更新日[ 2017/03/01 ]

出力・加工・作成サービス

ポスター印刷

ポスター印刷/大判出力

お客様の原稿からポスターを作成。

デジタルカメラプリント

インスタフレーム・枠

お客様のデータから、インスタグラム風の枠を作成できます。

パネル加工

写真パネル/パネル加工

写真パネル制作、パネル印刷などと呼ばれる、パネル加工。

アルミフレーム/額縁

アルミフレーム/額縁

印刷したポスターにアルミフレームを取り付けます。

タペストリの作成

タペストリ印刷/制作

つり下げることを目的としたディスプレイ。タペストリの作成。

差替え自由アルミ額縁

差替え自由アルミ額縁

中身の印刷物を簡単に差替えることができるアルミフレームパネルです。

デジタルカメラプリント

デジカメジャンボプリント

デジタルカメラで撮影したお気に入りの写真を、おおきなサイズでプリント。

イラストレータパス取り代行

イラストレータパス取り

画像ファイルのロゴマークなどを、EPSファイルに変換。

用紙・メディアの種類

用紙・メディアの種類

印刷に利用するメディアの種類と特徴。

ラミネート加工

ラミネート加工(PP加工)

印刷したポスターや写真にラミネート加工。

カッティングシート制作

カッティングシート制作

窓や車などに利用できるカッティングシート作成。