Word ポスター印刷

オフィス・ワード を利用して、A3サイズより大きなポスター印刷を1枚から承ります。

ワード

Microsoft Word(マイクロソフト・ワード)で作成したデータから、ポスター印刷・制作を承ります。

ワードでの原稿作成方法

ページ設定

A3サイズのポスターはA3サイズで、それ以外は、B3 サイズでスタートしてください。

ワードでは、B3サイズが定型サイズで選択できる最大サイズです。

ページ設定

余白設定

B3を元に、余白の設定を0に設定してください。

マージン設定

デザイン

ポスターをデザインしてください。

保存

ワード形式にて、オリジナルデータを保存してください。

入稿用データの保存

PDF形式で保存。 「名前を付けて保存」 から、 Adobe PDF を選択します。

pdf で保存

サイズチェック

保存したPDFファイルを開いて、左下でサイズを確認してください。 364 × 515となっていれば、B3サイズです。 

サイズ確認

拡大印刷 B3より大きな紙への出力

B3より大きなサイズへの出力は、拡大印刷となります。 B3からの倍率はおよそ下記の通りです。

B3 > A2 115.3%

B3 > B2 141.4%

B3 > A1 162.0%

B3 > B1 200%

B3 > A0 230.7%

拡大印刷仕上がりの事前確認

ポスターが文字だけの場合、拡大しても問題はありません。 原稿データに、写真等の画像データが含まれる場合には、 PDFの拡大機能を利用し、上記の倍率よりやや大きめにした上で、モニター上でジャギーやぼけがでていないか?確認してください。 ジャギーがでていても問題ない範囲であるとお客様が判断する場合、そのまま印刷させていただきます。

原稿作成時の注意点:

Wordデータのモニタイメージとポスターの仕上がりイメージが異なる事があります。また、利用した画像が小さい場合、ポスターではジャギーがでてしまうことがあります。

※ワードで原稿を作成する場合、558.7mmが、最大サイズとなります。

保存形式:

ワードから、PDF形式に保存して、入稿してください。

ワードには、PDF形式で保存する機能が備わっています。下記はバージョンごとの保存方法をマイクロソフト社が説明しているサイトです。

Office 2010
Office 2010 をご利用の場合、PDF形式で保存ができます。
http://support.microsoft.com/kb/2278346/ja

Office 2013
Office 2013 をご利用の場合、PDF形式で保存ができます。
http://office.microsoft.com/ja-jp/word-help/HA010354239.aspx#_Toc312311154

Office 2007
Office 2007 をご利用の場合、下記のマイクロソフトサイトから無料「アドイン」をインストールする事で、ワードファイルをPDF形式で保存できます。
2007 Microsoft Office 保存アドインを利用
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=7

ポスター印刷ならネットでポップ

更新日[ 2017/03/01 ]

出力・加工・作成サービス

ポスター印刷

ポスター印刷/大判出力

お客様の原稿からポスターを作成。

デジタルカメラプリント

インスタフレーム・枠

お客様のデータから、インスタグラム風の枠を作成できます。

パネル加工

写真パネル/パネル加工

写真パネル制作、パネル印刷などと呼ばれる、パネル加工。

アルミフレーム/額縁

アルミフレーム/額縁

印刷したポスターにアルミフレームを取り付けます。

タペストリの作成

タペストリ印刷/制作

つり下げることを目的としたディスプレイ。タペストリの作成。

差替え自由アルミ額縁

差替え自由アルミ額縁

中身の印刷物を簡単に差替えることができるアルミフレームパネルです。

デジタルカメラプリント

デジカメジャンボプリント

デジタルカメラで撮影したお気に入りの写真を、おおきなサイズでプリント。

イラストレータパス取り代行

イラストレータパス取り

画像ファイルのロゴマークなどを、EPSファイルに変換。

用紙・メディアの種類

用紙・メディアの種類

印刷に利用するメディアの種類と特徴。

ラミネート加工

ラミネート加工(PP加工)

印刷したポスターや写真にラミネート加工。

カッティングシート制作

カッティングシート制作

窓や車などに利用できるカッティングシート作成。