パワーポイント ポスター印刷 Power Point, パワポ

オフィス・パワーポイント を利用して、A3サイズより大きなポスター印刷を1枚から承ります。

ワード

Microsoft PowerPoint(マイクロソフト・パワーポイント=パワポ)で作成したデータから、ポスター印刷・制作を承ります。

パワーポイントでの原稿作成方法

ページ設定

パワーポイントを起動して、ページ設定を開きます。

パワーポイントページ設定

ページ設定が開かれた状態で、スライドサイズの指定 を見つけてください。

スライドサイズの変更

ユーザー設定を選択します。

ユーザー設定

 

幅 84.1、高さ118.9 cm を入力します。

サイズ指定

デザイン

ポスターをデザインしてください。

保存

原本として、パワーポイント形式にて保存してください。

入稿用データの保存

名前を付けて保存でPDFにて保存する。

PDF形式で保存

サイズチェック

できあがったPDFを開いてファイルサイズを確認します

pdfサイズのチェック

原稿作成時の注意点のまとめ

パワーポイントで作成した原稿は、保存形式をPDFにして保存し、入稿してください。

パワーポイント・データのモニタイメージとポスターの仕上がりイメージが異なる事があります。画面のキャプチャも同時に入稿してください。

画像に解像度が足りない場合、実寸よりサイズが小さい場合、引き伸ばし時にジャギーがでてしまうことがあります。

パワーポイントで原稿を作成する前に、上記を参照に用紙サイズを実際のサイズで作成してください。

 

PDF保存の方法と形式について

パワーポイントには、PDF形式で保存する機能が備わっています。下記はバージョンごとの保存方法をマイクロソフト社が説明しているサイトです。

Office 2013

Office 2013 をご利用の場合、PDF形式で保存ができます。
http://office.microsoft.com/ja-jp/word-help/HA010354239.aspx#_Toc312311154

Office 2010

Office 2010 をご利用の場合、PDF形式で保存ができます。
http://support.microsoft.com/kb/2278346/ja

Office 2007

Office 2007 をご利用の場合、下記のマイクロソフトサイトから無料「アドイン」をインストールする事で、パワーポイントファイルをPDF形式で保存できます。
2007 Microsoft Office 保存アドインを利用
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=7

学会ポスター印刷は、必要な時に、必要なだけ。

学会での展示や、発表用のポスター印刷であれば、10枚以下の小ロットになることがほとんどです。1枚からでもご遠慮なくお申し付けください。

当社製 学会発表用ポスターの特徴

  1. パワーポイントで作成されたデータからの印刷が可能(pdfに要変換)
  2. お届け場所の指定可能(宿泊ホテル、会場など)
  3. 領収書の発行
  4. 最短翌日納品(ヤマト運輸での配送・一部地域を除く)
ポスター印刷ならネットでポップ

更新日[ 2016/09/30 ]

出力・加工・作成サービス

ポスター印刷

ポスター印刷/大判出力

お客様の原稿からポスターを作成。

デジタルカメラプリント

インスタフレーム・枠

お客様のデータから、インスタグラム風の枠を作成できます。

パネル加工

写真パネル/パネル加工

写真パネル制作、パネル印刷などと呼ばれる、パネル加工。

ラミネート加工

ラミネート加工(PP加工)

印刷したポスターや写真にラミネート加工。

アルミフレーム/額縁

アルミフレーム/額縁

印刷したポスターにアルミフレームを取り付けます。

タペストリの作成

タペストリ印刷/制作

つり下げることを目的としたディスプレイ。タペストリの作成。

デジタルカメラプリント

デジカメジャンボプリント

デジタルカメラで撮影したお気に入りの写真を、おおきなサイズでプリント。

イラストレータパス取り代行

イラストレータパス取り

画像ファイルのロゴマークなどを、EPSファイルに変換。

カッティングシート制作

カッティングシート制作

窓や車などに利用できるカッティングシート作成。